ミニチュアの家

不動産会社に行くときは希望条件と時期を決めよう

費用を抑えて引っ越す

おもちゃの家

これから新所沢や大きな街に引っ越すという人は、不動産の賃貸契約に必要な用語をしっかりと確認しておくといいでしょう。不動産を賃貸で契約して借りるときは、最初に初期費用というものが必要になります。初期費用というのは前家賃や家賃、敷金や礼金、仲介手数料などを総称したもので、この額は家賃の凡そ4倍から6倍になるでしょう。新所沢の辺りの家賃相場を調べて、どれくらいの金額が最初に必要になるのか目処を立てておきましょう。家賃というのは大家さんや不動産管理会社に毎月払う賃料のことです。また、管理費や共益費という建物の維持費が毎月必要になるでしょう。この家賃は敷金や礼金、仲介手数料の基準となる金額なので、物件を選ぶときはそこを意識するようにしましょう。新所沢の賃貸物件のなかには敷金や礼金が0円と書かれているものがあります。初期費用を安く抑えたいという人はそういった物件を選ぶといいでしょう。敷金というのは大家さんや不動産管理会社に預けるお金で、修繕費やクリーニング代などがここから引かれます。そして、残った分は退去時に借り主に返金されるのです。一方、礼金や仲介手数料というのは大家さんか不動産管理会社、仲介業者に支払うお礼のお金で返金されることはありません。この部分はなるべく交渉で安く抑えるようにしましょう。新所沢にある仲介業者のなかには借り主からの手数料が25%や0円というところもあります。なるべく費用がかからないところを選んで物件を探すというのもポイントの1つです。